みなまた環境絵本大賞~1000年先まで紡ぎたい想い~

―21世紀―
地球温暖化 オゾン層破壊 森林減少・・・
地球規模の環境問題は 深刻さを増し
「明日から取り組もう」では 間に合わない時代が訪れている
 だからこそ
 伝える力 つなげる力 ゆたかな力をもつ
「絵本」と「環境」を組み合わせて
 “みなまた”の 想い 考え 行動を
地球に暮らす一人ひとりに 伝えたい
100年先 1000年先の
暮らしを紡ぐために
みなまた環境絵本が「環境」を伝えるための
源流のひとつになることをめざして

 水俣市の市制60周年・水俣市立図書館80周年を記念し、コーディネーターに作家の本木洋子さんを迎えて平成21年に創設した事業です。「環境」をテーマにした絵本の原文を全国から公募し、大賞作品を絵本として刊行しています。
 水俣市が「日本の環境首都」の称号を獲得した平成23年3月、第1回大賞受賞作「ひょっこりじぞう」(文・日高史人)が1冊の絵本になりました(絵・川崎のぼる)。「1000年先まで想いと暮らしをつなげたい」との思いから、事業の継続を決め、平成25年3月に第2回大賞受賞作「古どうぐ~るぐる」(文・赤城香織、絵・はらだゆうこ)と題して刊行。同年第3回応募作品の中からノンフィクション作家の柳田邦男さん、絵本作家の小泉るみ子さん、児童文学者の村中李衣さんならびに西日本新聞社出版部が選考して、原野なおこさんの作品を大賞に選出。絵本作家の石川えりこ氏に作画をいただき、平成27年3月に第3回大賞受賞作「すずこ」を刊行しました。
 市民の文化醸成のために第2回から「市民賞部門」を設け、「創作童話ワークショップ」や「みなまた子ども創作童話大賞」などの関連事業も行っています。
 平成27年には、第4回みなまた環境絵本の公募も始めます。
 水俣市はこれからも、「日本一の読書のまちづくり」を市民とともに実践していきます。

出版された「みなまた環境絵本」

すずこ表紙オビ無

第3回みなまた環境絵本大賞受賞作
「すずこ」
文・原野なおこ 絵・石川えりこ
西日本新聞社
32ページ/上製/1,300円(+税)
平成27年3月31日発行

「かえして!」。突如現れたふしぎな女の子は、川遊びに夢中のすずこに詰め寄ります。果たしてすずこは、何をなくしたのでしょうか・・・。

第2回みなまた環境絵本大賞受賞作
「古どうぐ~るぐる」
文・赤城香織 絵・はらだゆうこ
西日本新聞社
32ページ/上製/1,200円(+税)
平成25年3月31日発行

えっ、蔵がこわされる!?「ぼくのひみつ基地だったのに・・・」
がっかりするりょうたに
「おれたちはどうなるんだ!?」とつめよる古道具たち。
古道具ってガラクタなの!?

第1回みなまた環境絵本大賞受賞作
「ひょっこりじぞう」
文・日高史人 絵・川崎のぼる
西日本新聞社
36ページ/A4判変型/上製/定価1,400円(+税)
平成23年3月3日発行

ある日 おじぞうさんが はえてきた!
めずらしい できごとに 人々は大さわぎ
はたして おじぞうさんの『なぞ』とは?

多様な生態系を未来へ紡ぎたい!第4回みなまた環境絵本大賞作品募集

『環境首都みなまた』は、環境をテーマにした絵本(原文、原文と絵)を募集します。
「今」を生きるあなたの「紡ぎたい想い」を作品に込めてお寄せください。

■募集期間
2015年7月1日(水)~10月31日(土) *当日消印有効

■賞及び賞品
●大  賞(1編) 賞金20万円及び絵本の出版(予定)  ※出版の際には別途作画料の支払いを予定
●優秀賞(1編) 賞金5万円
●佳  作(3編) 水俣市特産物
*市民賞は別途設定

■内容
「環境」をテーマにした未発表の創作。
第1回大賞受賞作『ひょっこりじぞう』“ふきだまりへの視線”
第2回大賞受賞作『古どうぐ~るぐる』“江戸時代の循環型社会”
第3回大賞受賞作『すずこ』“自然との共生”

■応募規定
【絵本原文のみの場合】
●日本語で縦書き。1場面150字以内を15場面で構成。
●パソコン、ワープロによる字詰は自由。ただし、手書きも含めて用紙はA4サイズを使用。
●Eメールでの応募は、ワードまたはテキスト文書にて作成し、添付ファイルで送信。
【絵本原文と絵の場合】
●画材、技法は自由。合作も可。
●原文と絵は別に提出。
●絵の見開き寸法は横440ミリ×縦250ミリ。
●1場面ずつA3用紙にカラーコピーして提出(縮小可)。
※原文のみの採用となる場合あり
【共通事項】
●複数応募も可。
●鉛筆書き、FAXでの応募は不可。
●場面ごとに①~⑮の通し番号を記載。

■応募資格
●プロ、アマチュアは問わない。
●高校1年生以上もしくは、16歳以上(2015年4月1日現在)。
日本国内に在住の個人とし、国籍は問わない。

■応募方法
●所定の応募用紙または作品の1枚目に ①住所 ②氏名(ペンネームは不可)③年齢(生年月日)・性別 ④電話番号
⑤メールアドレス ⑥職業または学校名・学年 ⑦著書、受賞歴など ⑧作品タイトル ⑨応募理由を明記のうえ応募する。
●募集要項及び応募用紙は、水俣市立図書館ホームページに掲載。郵送を希望する場合は、住所、氏名、電話番号を
明記し、返信用封筒と82円切手を同封し請求する。
●団体での申し込みは不可。

■審査員
柳田邦男(作家)
小泉るみ子(絵本作家)
村中李衣(児童文学者)
西日本新聞社出版部

■コーディネーター
本木洋子(作家)

■応募・問い合わせ先
水俣市立図書館内 みなまた環境絵本大賞事務局
〒867-0065 熊本県水俣市浜町2-10-26 
電話0966-63-8401(火~金曜日 AM9:00~PM5:00)
E-メール mina-eco-ehon@minalib.jp

第3回みなまた環境絵本大賞 受賞者が決定!

第3回みなまた環境絵本大賞として、平成25年6月1日から10月31日にかけて、「環境」をテーマとした絵本(原文・原文と絵)を公募しました。これまでを上回る224作品の応募があり、平成26年1月13日に作家 本木洋子さんのコーディネートの元、作家 柳田邦男さん、絵本作家 小泉るみ子さん、児童文学者 村中李衣さん、西日本新聞社出版部による審査会が行われました。その結果、大賞には原野なおこさんの「すずこの夏休み」が選ばれました。大賞作品については、平成26年度中の絵本出版に向けて作画などが行われる予定です。

各受賞者は次のとおりです。

【環境絵本大賞(絵本原文)】
 大 賞
  「すずこの夏休み」 原野 なおこ (福岡県福岡市)
 優秀賞
  「緑のボタ山」 小玉 和則 (福岡県嘉穂郡桂川町)
 佳 作
  「おてんとさんむかえ」 阿江 美穂 (兵庫県加東市)
  「のっしのっしと杉が行く」 宮川 道子 (京都府京都市) 
  「クラウンシャイネス」 菊池 貴子 (茨城県水戸市)

【市民賞】
 [こども部門(創作童話)]
 大 賞
  「たくさんの景色」 下田 優希 (水俣市立水俣第二中学校3年)
 優秀賞
  「かっぱはかみさま」 東 史菜 (水俣市立水俣第二小学校3年)
  「りょうたくんの風船」 伊藤 優花 (水俣市立緑東中学校3年) 
  「この世界で一番大切なもの守るもの」 渕上 七海 (水俣市立緑東中学校2年)
  「ようかいさんぽ」 小嶋 英明 (水俣市立水俣第一小学校5年)
  「地球の環境」 梅下 咲優樹 (水俣市立水俣第一小学校6年)
 佳 作
  「かっぱとようかいたち」 福島 孝太郎 (水俣市立水俣第二小学校4年)
  「心のやさしいカッパ」 小嶋 美咲 (水俣市立水俣第一小学校4年)
  「いただきます」 井上 優 (水俣市立水俣第二小学校6年)

 [一 般部門]
 大 賞
  「そうじ屋 ギンちゃん」 谷口 誠 (水俣市汐見町)
 優秀賞
  「うみのたまごいし」 大崎 奈津子 (水俣市塩浜町)
 審査員特別賞
  「分別どろぼう」 前田 結美 (水俣市汐見町)

ページの先頭へ